2015/09/15

椅子のデザインについて思うこと

島崎信著『美しい椅子』より

日本でもよく知られているY chairをデザインしたウェグナー、彼の転機となったのが中国明代の圏椅をリサイズすることから生まれたChinese chair、「当時のウェグナーは自分が規範とすべきデザインの礎を探し求めている」

ウェグナーは、明代の椅子を真似たが、そこから学び、笠木に着目して独自性を加えていき、The chairを生み出し、その展開からY chairが生まれました。

椅子は、こうしてデザイナーが先人に学ぶことから、人々に愛され歴史に残るデザインを生んできました。

大切なことは、それを隠していないことです。そして、人々がそれを理解して評価していることです。だから、グッドデザインとして世界中で評価されています。

『美しい椅子』は、シリーズ化されている文庫本です。椅子のデザインに興味を持っている学生には、読んで欲しい本です。写真も美しく、著者の椅子のデザインに対する思いも伝わってきます。



2015/05/06

Apple Watch 報告

ヘルスケア用途

おはようございます。
運動嫌いの私としては、年とともに健康管理は、美味しいものを食べるために欠かせません。


使い勝手も良いかな!
でも、どれだけ正確なのでしょうか?

机で作業していて、立ち上がるように声かけしてくれる!少々おせっかいかも?



2015/02/13

私的神話その6・アルファチューブの造形

1980年代にテレビのデザイン開発に関わっていた人は、「テレビは近いうちに一枚の板になり、壁掛けになる」と感じ、考えていたと思います。

技術的には、やっと3インチのカラー液晶パネルが開発され、工場では歩留まりとの戦いをしていました。開発者たちは「液晶パネルで14インチ以上は不可能」と断言していましたが、30年経って現在の状況です。何れは紙のようになり、空間に映像を結ぶでしょう。

1980年代に戻ると、テレビの造形はブラウン管に依存していました。あのガラスの塊を包むことでテレビは製品として存在していました。

テレビの主役は画面です。ですからテレビが生まれて以来、デザイナーは前面からのデザインに注力していました。背面、バックカバーをデザインすることはほとんどなく、コストも掛けられない状況でした。

アルファチューブは、「床置き」をコンセプトにしました。壁を背にして置かないため、背面も含めて全体の造形がデザイン対象になります。

と言うか、前面は画面だけで良いから造形する必要はないと考えました(実際には必要でしたが)。

そこで、普段であれば前面からのスケッチを何十枚と描くところを、アルファチューブでは、メンバーの合意で背面から見たスケッチのみで造形検討を進めたのです。


2014/11/23

私的神話その5・Pプロジェクト成功の秘訣

打倒ソニー・プロフィールのデザインプロジェクトは、唐突に始まったのですが、後に私自身がマネジメントをする立場になって考えると、当時の所長以下プロジェクトスタートを受け入れた各室長にとっては、大きな決断であったと思います。

プロフィールが発売されたことで、経営幹部からの突き上げも半端ではなかったと思われます。現業から5名もデザイナーを抜いてプロジェクトをスタートさせることは、企画、技術、工場、営業から見れば、「デザインはいい気なもんだ・・・」ぐらいに受け取られかねません。

しかし、現場レベルで、周辺部署がそんな感じに受け止めなかったのは、プロジェクトチームリーダーの人間性であったと思います。仕事は人間がするものですから、進めるためには理屈以上に人間関係が重要であると教えられました。

そういう意味では、リーダー以下全員がテレビのデザインを日常業務としており、パーソナリティとして関連部署との関係が良い人間ばかりだったのかもしれません。

デザインは、アイデアを生んだら、それを実現するプロセスを進める必要があります。そのためには、技術の協力は不可欠です。と言うか、技術にその気になってもらわない限り製品化できないのです。

このプロジェクトから「アルファ・チューブ」が生まれたのは、技術の力があったからです。あの造形を製品にするには、製品の機構設計、金型設計、そして工場のラインもそれまでのやり方を変えなければならなかったからです。

私たちは、スタートから技術メンバーを巻き込んでプロジェクトをスタートさせました。そして、彼らの共感を得るために活動していったのです。


2014/11/14

私的神話その4・Pプロジェクト始動

1984年11月、打倒プロフィールのデザインプロジェクトチームは5名でスタートしました。60名ぐらいのデザイン組織から5名を現業のデザイン開発から外すことには抵抗もあったと思います。当然、5名には抱えている進行中のデザイン開発もあった訳ですが、退路を断つ意味で、それらには関わるな!との指示でした。言い訳のできない状況に置かれたわけです。

プロジェクトチームの部屋もデザイン室とは別の部屋が用意され、集まった5名はブレストをはじめました。それぞれ、テレビのデザイン開発に日々関わっていながら持っていた思いを交換する中で、それほど時間の経たないうちに、「テレビとはブラウン管だ!」「技術からブラウン管を借りてこよう・・・」ということになりました。

当時、市販されているテレビの最大画面サイズは28インチでしたが、ちょうど29インチの非球面フラット画面のブラウン管が開発中でした。

プロジェクトルームに持ち込んだブラウン管をフロアに置いたとき、みんなの抱いた感覚は、「美しい」ということでした。毎日のようにテレビのデザインを考えいながら、製品の画面としてのブラウン管は日常的に見ていながら、裸の状態でブラウン管を見る機会はそんなになかったのです。

そして、床に置いたブラウン管に対面するかたちで私が床に座ってテレビを観ている姿をとったところ、全員から「それだよ」との声が出たのです。

デザインコンセプトが決まり、後は「床に置いたブラウン管」を如何にして造形し、製品にするかでした。



2014/11/04

私的神話その3・打倒プロフィールプロジェクト発足

1984年の秋、当時の松下電器テレビデザイン部門には60人以上のデザイナーがいました。デザインの必要性は担当する製品の市場規模に相関します。それだけ重要な製品だったのです。

まだ、ブラウン管の時代でしたから今よりは造形に関わるデザイン要素は多くありました。ニューメディアも騒がれていましたし、インテリアの要素として、小物雑貨として、車載機器として、様々なデザイン提案がされていました。

生活提案は、今のユーザーエクスペリエンスデザイン以上に活発な活動でした。日本全体が元気だったのかもしれません。

今は全てがスマホで完結していますが、1980年代は、AV機器のデザインが元気でした。ソニーがヘッドホンステレオでウォークマンを発売し、ラジカセは様々なデザインがひしめき、ピュアオーディオも元気でした。それに加えてビデオデッキ、ビデオムービーとユーザーが欲しくなる商品が次々に出てきていました。

当時、テレビのデザインを担当するデザイナーとして目指していたのは、プロフィールを超えるデザインをすることでした。ソニー以外の会社で働くテレビ担当のデザイナーは同じ考えであったと思います。ソニー内でも同様だったかもしれません。

そんな時に、デザインセンター所長が、打倒プロフィールのプロジェクトをスタートさせたのです。期間は3ヶ月、その間はライン業務から外れて活動をする。方法は問わない。と言うものでした。

そして、翌年商品化されたのが、アルファチューブでした。


雑誌『popeye』1985年11月号にメンバーが紹介される

2014/10/19

私的神話その2・SONY プロフィール

デザインには、神話的な誕生秘話がつきものです。

井上円了が「歴史はその時つくられる」と言ったように、実際にあったことでも後々受け取った人が心地ようように変容するものです。

SONYプロフィールについては、いろんな書籍、雑誌等でSONY発信としても語られていますが、そのほとんどは、1982年発行の『SONY Boilerhouse project 図録』の内容が初出のようです。

そこには、盛田氏から黒木氏へ、以下のようなメモが渡されたとあります。1978年のクリスマスのことだとなっています。

「黒木君へ
計画書は
従来のVideo Disc, ・・・・etcまで
飛躍しているが
それ以前に
TVを各種サイズモニター 各種Tuner Amp Speaker の組合せとし
次第に、TVをCompo化する方向へもって行ったら?
System Compoとして、特約店の意思でどの値段にもなし得る様にする」

1982年、テレビのデザインをはじめたばかりの私は、この内容を読んで、ただただ「凄いな・・・」と、「デザイン開発にはドラマがある・・・」と、憧れたものです。

そして、当時の給料からすると無理をして、16インチのプロフィールKX-16HF1を購入しました。テレビのメーカーに勤めている社員が他社の商品を買うのは如何なものか?との声も聞こえてきましたが、私としては、目指すべき目標を身近に置きたかったからです。

16インチのプロフィールは、私の風呂もない安アパートには不釣り合いに輝いていました。


『SONY Boilerhouse project 図録』1982より